タイ駐在妻のいっちゃん

タイ駐在妻いっちゃんの旅行観光グルメや組紐の話

組紐ブログ

組紐作家と組紐職人の違いを組紐専門家がゆるっと解説!

更新日:

View this post on Instagram

伊澤ひとみさん(@isawahitomi)がシェアした投稿 -

こんにちは。

今日は、質問を頂いたのでお答えします。

組紐職人と組紐作家の違いって?

 

私は、組紐作家です。

 

作家と職人の違い。

 

職人

問屋さんから材料を提供、制作。

全て買取のためリスクが少ない。

問屋さんの名前で、商品が売られる。

問屋からの信頼がある。

 

 

作家

材料(糸や、色)自分で用意制作。

オリジナルのものを自由に制作ができる。

価格も周りに左右されない。

自由に作風を出せる。

が、保証がない。

 

 

どっちが良い?

いい悪いなんてない。

どっちでもやりたい方をやったらいいですね。

内職にも、職人、作家もいいところありますから。

 

そして、私の作家特徴は・・・

景色や情景からイメージして

水彩がでイメージを色へ落とし込みドローイングする。

その中から、色や形を抜き出す。

組紐用の糸を作り(買う場合もある)、

その糸を染める、組む。

これが、組紐作家 伊澤ひとみの作家としての特徴。

 

あとは、見えないことですが・・・

ラッキーな星のもとに生まれています。

願う事・人に幸せを与えられる事

それが出来る。

 

以上です。笑

 

 

あくまで、個人的な意見です。

少しでも分かりやすく、良くなるように心がけていきます。

よろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ひとみ

ひとみ

組紐始めて13年目。師匠の元で3年間の弟子入り。 その学んだ技術を活かし、作家として活動中。 幸せを感じながら、楽しくお金を稼ぎながら、人に会いにいくそんなユニークな人間です。

-組紐ブログ

Copyright© タイ駐在妻のいっちゃん , 2018 All Rights Reserved.