タイ駐在妻のいっちゃん

タイ駐在妻いっちゃんの旅行観光グルメや組紐の話

グルメ・フード 文化・ネイチャー

タイを満喫!郷土料理まとめ

更新日:

タイを満喫!郷土料理まとめ

タイは大きく分けて「北部・東北部・中央部・南部」に分けることができます。
風土や環境が違うこの土地によって、郷土料理が結構異なっているんですよ。
今回は4つの地方に分類し、特徴をご紹介してみましょう。

タイ北部の郷土料理

北部の特徴はとにかく「山が多い」です。
チャオプラヤー川の上流河口に住む人が多く、豊富な水源を利用して、米の栽培を多く行っている土地。

もち米を食べる習慣があります。
なぜかというか、ミャンマーと隣接しているので他国の食文化に影響されているからですね。

代表的な都市としてはチェンマイが挙げられます。
タイは辛い料理が多いのに、北部の特徴は「マイルドなものが多い」ので非常に面白いですね。

カオソーイ

日本人が好きな郷土料理なら「カオソーイ」かな。
ココナッツミルクベースにしたカレースープ。
縮れた卵麺「バミー」を合わせた麺料理ですね。

カレースープはスパイスが香りながらもマイルド。
具材は鶏肉・豚肉・牛肉をチョイス。
付け合せにはタイ風の「漬物・玉ねぎ・ライム」なども好みでトッピングできます。

カントーク

「カントーク」もオススメの料理のひとつ。
お膳の上に様々な小鉢がありそれを楽しむ料理ですが、ハーブや香辛料などを使ってスパイシーに仕上げた感じ。

「チェンマイ風ソーセージであるサイウア」
「野菜につけるディップの一種でトマトベースに豚のひき肉を和えたナンピックオン」
「青唐辛子のディップであるナンピックヌン」
「豚の皮を上げたカッムー」
「豚肉とニンニクの入った甘辛いイエローカレーであるゲーンハンレー」

これら蒸し野菜につけたり、もち米と一緒に食べます。

タイ東北部の郷土料理

東北部は「イサーン料理」が主流ですね。
自然が豊富で農家や動物を飼っている家庭が沢山。
料理も川から魚をとってきて食べたり、余れば漬けたり干したりするなどの加工もしています。

珍味も色々とあって、赤アリであるモッデーンやバッタであるタカテーンをサラダや唐揚げにして食べられていますよ。

ソムタム

代表的なイサーン料理といえば「ソムタム」です。
ソムタムとは青パパイヤを使ったサラダ。

いんげんやトマトなどを和えて、唐辛子をすり鉢に入れて潰し、そこに砂糖とレモンまたはライム、ナンプラーを加えて混ぜ、野菜とあえて仕上げに砕いたピーナッツと干しえびを散らしたもの。

ラープ

「ラープ」は細かく刻んだ肉類をハーブと調味料で味付けしたもの。
肉の脂肪分のほか、皮や内臓、肉の種類によっては血も混ぜて食べることもあるのが特徴の料理です。

味付けはナンプラーとライム。
お米を言って細かくしたカオクアというものを入れます。
このカオクアを入れることによって香ばしさとプチプチとした食感を楽しむことができるほか、ハーブ類と一緒に肉の臭みを消してくれる役割がありますよ。

ガイヤーン

「ガイヤーン」は鶏肉をナンプラー、唐辛子、にんにく、パクチーの根、シーユーカーオなどでブレンドしたタレにつけて炭火で焼いた焼き鳥。
タレは二種類で辛酸っぱいものと、チリソースとを選べます。

タイ中央部の郷土料理

中央部の代表的な都市は「バンコク」で、引く山々と豊富な川など資源の多い土地で、古くから都をおいている場所のため外国から入ってきた食文化の影響が大きい都市です。

グリーンカレー

代表的な郷土料理ですね。
別名、ゲーンキャオワーンと呼ばれ、タイの有名カレー。
香辛料やハーブをすりつぶしたペーストを痛めてココナッツミルクやナンプラー、砂糖や野菜、肉などを加えて煮込んで作ります。
青唐辛子を使いますが、未熟な緑色でも唐辛子にはかなりの辛味があり、注意必要ですね。

トムヤムクン

「トムヤムクン」を知らない人は少ないかな?
酸味、からさ、甘さが絡み合ったスープはタイ独自のデント料理。
レモングラスや生姜、ライム、ナンプラー、エシャロットなどを主に調理しますね。

スープが澄んでいるものと、ココナッツミルクや牛乳を使ったものの二種類があります。
ただ、ほとんどの場合ココナッツミルクタイプの方が多いですね。

タイの南部の郷土料理

南部の有名としなら「プーケット」でしょう。
「調味料を海老味噌を発酵させたペーストのカピ」を使うことが多いのが特徴です。

他の地域よりも雨季が長いので、栽培される野菜が異なりますよ。
味が濃くて辛いものが多く、甘みはココナッツミルクから補うことが多いようですね。

パッサトーガピンク

南部で取れる大ぶりの海老と、南部でよく作られるサトー豆をカピと炒めたもの。
カピ自体香りの強い調味料ですが、サトー豆の独特な香りと相性がいい一品です。

カオヤム

まさに健康食。
ナームブドゥーという発酵調味料と乾燥唐辛子をご飯に混ぜて食べる料理です。
トッピングにはもやしやインゲン豆、生サトー豆、きゅうりや人参、干しえびをつぶしたもの、入りココナッツなどを混ぜます。
香りの強い食材と発酵調味料、唐辛子の辛さが混じり合う南国らしい料理です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ひとみ

ひとみ

組紐始めて13年目。師匠の元で3年間の弟子入り。 その学んだ技術を活かし、作家として活動中。 幸せを感じながら、楽しくお金を稼ぎながら、人に会いにいくそんなユニークな人間です。

-グルメ・フード, 文化・ネイチャー

Copyright© タイ駐在妻のいっちゃん , 2018 All Rights Reserved.