タイ駐在妻のいっちゃん

タイ駐在妻いっちゃんの旅行観光グルメや組紐の話

グルメ・フード

タイの調味料・ハーブ(砂糖、ナンプラー、唐辛子他)を全種類まとめてみた!

更新日:

タイ料理に使われている日本ではあまり馴染みのない調味料・ハーブ

これらの調味料などはタイ料理を作る上でももちろんですが、現地で料理を食べる時にも知っておいた方がよりタイ料理を美味しく食べられます。

現地の料理店や日本のタイ料理には多くの場合、プリック・ポンと呼ばれる粉唐辛子、ナム・ソム・プリック(唐辛子入りの酢)、ナンプラー(魚醤)、ナムターン(砂糖)の4種類の調味料が置いてあります。

現地タイの料理の味付けは基本的に薄めですが、これは食卓テーブルに置いてあるこれら4種類の調味料をお好みの量で入れて自分好みにアレンジして食べる事を前提としているからです。

プリック・ポン

プリック・ポンは粉状にした唐辛子で、見た目はかなりきめ細かい粉状の物が多いです。
唐辛子を粉状にしたとあってかなり辛い代物で、料理にさらに辛味を足したい時などに利用し、料理でも頻繁に用いられます。
ただし、少しの量でもかなり辛いので辛味が苦手な人は入れる量には注意が必要です。

ナム・ソム・プリック

ナム・ソム・プリックは、輪切りにしたプリッキーヌと呼ばれる唐辛子をタイ産の酢で酢漬けにした物です。
タイ産の酢は蒸留酢なので日本の酢に比べると酸味が少ないので、まろやかな酢にピリッとした辛さが刺激的で食欲をそそります。
料理に酸味が足りない時に入れると、味が締まります。

ナンプラー

ナンプラーは日本でもお馴染みの生の魚を塩で漬け込み発酵させて作った醤油のような物で、日本の醤油とは異なり、独特の匂いと魚の持つ旨味成分が凝縮されただけあって非常にコクがあり、かなりしょっぱい味です。

料理に適度に塩辛さと深いコクを追加してくれる物で、その独特な匂いもあって好き嫌いが激しい調味料でもあります。

ナムターン

ナムターンは砂糖というよりは厳密に言うと、グラニュー糖といった感じの調味料です。
味はもちろん甘いのですが、辛さを和らげて味にコクを出すのに使います。
辛いのが苦手という人はこのナムターンを掛けると良いでしょう。

これ以外にもタイ料理には実に様々な調味料が存在します。
料理などに使う調味料として有名なのは、シーユー・カオ、シーユー・ダム、チリソース、ナム・チム・ガイ、タオチオ、カピ、オイスターソースなどがあります。

シーユー・カオ

シーユー・カオは大豆から作るタイ版の醤油のような物で、日本で言えば薄口醤油に相当し、味も日本の薄口醤油に近いです。
ナンプラー程頻繁に利用する訳ではありませんが、炒め物や煮物など味付けに使われ事が多いです。

シーユー・ダム

シーユー・ダムは、大豆が原料のタイの黒醤油のような物ですが、味は黒醤油とはまったく異なり、黒蜜に似た独特な味わいがあり甘い醤油といった感じです。
見た目はどろっとしており香りもかなりあります。
料理の味付けや付けダレなどに利用されています。

チリソース

チリソースは日本でもお馴染みの調味料ですが、タイでもポピュラーな調味料で赤唐辛子、砂糖、食酢、塩、にんにくが原料となっており、辛味が非常に強くにんにくの香りが利いています。
揚げ物のタレとしてだけではなく、炒め物や麺料理、ご飯物の調味料として広く用いられている調味料です。

ナム・チム・ガイ

ナム・チム・ガイは別名スイートチリソースとも呼ばれており、通常のチリソースと比べると砂糖と酢の割合が強く、酸味と甘味が強い味わいになっています。
春巻きやさつま揚げのタレとして使う人が多く、一度食べると病み付きになる味です。

タチオカ

タチオカは大豆を原料にした調味料で、中に大豆の粒がたくさん入っているのが特徴です。
例えるなら味噌を薄めたような味わいと見た目になっています。
炒め物やご飯物のタレとして使用されます。

カピ

カピは海老を発酵させて作ったペースト状の蝦醤です。
海老独特の香りが印象的で、塩辛い味わいがあるのでご飯と一緒に炒めたり、スープなどに広く用いられており、カレーペーストを作る際にも使われます。

オイスターソース

オイスターソースは日本でもお馴染みの牡蠣を発酵させて作るソースです。
炒め物から煮物まで幅広く用いられており、タイ産のオイスターソースにはナンプラーが入っている関係で、日本のオイスターソースよりもコクがあるのが特徴です。

タイ料理のハーブについて

タイ料理といえばハーブを用いる事でも有名です。
最近では爽やかな香りと微かな苦味パクチーが話題になっていますが、この他にも独特な爽やかな香りが印象的なレモングラスはタイ料理の辛味や酸味中にあって絶妙なアクセントになっています。

バイマックルー

バイマックルーと呼ばれる、こぶみかんの葉は柑橘系独特の香りが特徴で、トムヤムスープには欠かせない素材です。

ガランガラン

ガランガランは日本で言うにんにくのような見た目ですが、日本の物よりも香りが強くタイ料理の独特な香りや味付けを加えています。

ホーリーバジル

ホーリーバジルは日本のバジルよりも香りが強く、食欲を刺激する清涼感のあるスパイシーな香りが特徴ですが、味や香りだけではなく、抗酸化物質や免疫力向上などの健康効果が高い事でも広く世界中に知られているハーブです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ひとみ

ひとみ

組紐始めて13年目。師匠の元で3年間の弟子入り。 その学んだ技術を活かし、作家として活動中。 幸せを感じながら、楽しくお金を稼ぎながら、人に会いにいくそんなユニークな人間です。

-グルメ・フード
-調味料

Copyright© タイ駐在妻のいっちゃん , 2018 All Rights Reserved.