タイ駐在妻のいっちゃん

タイ駐在妻いっちゃんの旅行観光グルメや組紐の話

グルメ・フード

タイを満喫!カレー料理まとめ

更新日:

タイを満喫!カレー料理まとめ

タイでおすすめのカレーをご紹介します。
有名どこは「グリーン(ゲーン・キアオワーン)、イエロー(ゲーン・ガリー)、レッド(ゲーン・ペット)」です。
それ以外にも現地で食べたいカレーを。

Here you have a list of special Thai curry.
There are two of famous curry green (Kaeng Kiyaowan), yellow (Kaeng Ga-ree), red (kaeng phet).
Except for these, some other curries you may want to eat in Thailand.

グリーン(ゲーン・キアオワーン)Green (Kaeng Kiyaowan)

グリーンは世界一辛いと言われる青唐辛子のプリッキーヌが使われたいかにもタイ料理という雰囲気がある料理で、その見た目は緑になっており、具材にはたけのこ、ナス、しめじ、鶏肉などが定番です。
ピリピリとするやみつきになる辛さとスパイスやハーブの香りが特徴で、辛い物好きの人にはたまらない一品。
また、辛さだけでは無くココナッツ、ナンプラー、多彩なハーブなども入っており、いかにも異国の料理という雰囲気が漂う料理です。

This Thailand-style curry contains green chilies prik-kee-noo which is known as the hottest chili in the world.
As ingredients, it usually contains bamboo shoots, eggplant, Shimeji mushroom, and chicken, and it looks green.
If you like spicy food you will be addicted by this curry which has distinctives burning hot and flavor of spices and herbs.
Not only its hot taste but also it contains coconut, nam pla and a variety of herbs, you can feel the exotic mood.

レッドカレー(ゲーン・ペット)Red curry(kaeng phet)

グリーンカレーだけではなく、レッドカレーも人気を集める料理の1つです。
レッドカレーの場合はグリーンカレーよりも濃いめで味わい深く、ビーフやダック、豚肉などの具材を使っているケースが多くなっています。
レッドカレーの赤を作りだすために、乾燥した赤唐辛子などの香辛料をたくさん使っています。
野菜などの具材はグリーンカレーと似ていますが、トマトを使っていることもあります。
タイ米との組み合わせにこだわって作られているのもポイントの1つです。

Not only green curry but also red curry is popular one.
Red curry is thicker and more flavorful than green curry, and it often contains beef, duck, and pork.
A lot of seasoning such as dried-red chili is used to make red color of this curry.
Although a combination of vegetables is like green curry, it sometimes contains tomatoes.
It is made to make a good combination with jasmine rice.

イエロー(ゲーン・ガリー)Yellow(Kaeng ga-ree)

イエローは比較的クリーミーで、見た目はその名の通り黄色で、食材はジャガイモ、トマト、鶏肉、ココナッツミルクなどが一般的です。
またインド料理などで多く用いられる、カルダモン、シナモン、クローブなどのスパイスが使われているのも特徴で、黄色の見た目もこれらの成分に起因します。
タイ料理というよりはインド料理に近い雰囲気ではありますが、ココナッツミルクが入っている関係で味わいは非常にマイルドになっているだけでは無く、どことなく甘い香りもあるので、辛味が苦手という人でも食べやすいのが特徴です。

This creamy yellow curry looks yellow just like the name and it usually contains potatoes, tomatoes, chicken, and coconut milk.
It also contains spices like cardamom, cinnamon, and clove which are usually used in Indian cuisine and yellow color is originated in them.
Although it is more like Indian food than Thai food, it is easy to eat for people who don’t like hot taste since it tastes very mild with coconut milk and has a sweet scent.

マッサマンカレー Kaeng massaman

タイ料理と言えば外せないのが、タイ南部でご当地料理として親しまれているマッサマンカレーです。
タイカレーや世界の料理の中でも特に美味しいとされており、ターメリック、トウシキミ、クミン、クローブ、シナモン、八角、カルダモンなど実にタイらしいスパイスの数々がこれでもかと入っています。
甘さと辛さのバランスが良いのが特徴で、様々なスパイスが織り成すまろやかな甘さと辛さが絶妙にマッチして深いコクがあります。
芳醇な香りも魅力の1つ。

これが、添えられているジャスミンライスとよく合うんです。
具材には鶏肉、ジャガイモ、ピーナッツなどが一般的で、鶏肉が旨味のある下味作りに一役買っています。

このマサマンカレーは日本でも人気があり、現地の味を忠実に再現した物も人気がありますが、日本独自にアレンジした物も非常に人気がありタイ専門の料理店で取り扱う店も多くなっている料理です。

You can’t miss Kaeng massaman which is commonly known as local food in southern Thailand.

It contains a lot of Thailand-style spices like turmeric, Chinese anise, cumin, clove, cinnamon, star anise, and cardamom, and it is known as the most delicious food in Thai cuisine and food from around the world.
It has a good balance of the sweetness which is made by a variety of spices and the hot-taste and they match to make the taste thicker.
The rich flavor is one of the good points, and it goes well with jasmine rice.
As ingredients it usually contains chicken, potatoes, and peanuts, and chicken helps to pre-season to make the taste savory.
Kaeng massaman is getting popular in Japan and you have a choice of Kaeng massaman.
Some of them are remake of local Kaeng massaman, and others are arranged in Japanese style that you can order in Thai restaurants in Japan.

プーパッポンカリー Poo pad pong curry

他のタイプとは異なり、カニをカレーに溶かしたソースで炒め、そこに牛乳入りの溶き卵を入れて熱した料理です。
まだまだ日本ではあまり知られていませんが、スーパーなどでレトルトタイプの製品が販売されるなど徐々にブームになりつつあります。

食材はカニの他にエビやホタテなどの魚介類、玉ねぎ、ピーマン、にんにく、ねぎなどの野菜を入れても美味しいです。
ココナッツミルクや唐辛子などタイ料理には欠かせない食材も用いられます。

味は辛味が強いタイ料理ですが、卵とカニを使っているので非常にまろやかな味わいとなっており、エスニック系の料理が苦手という人でも美味しく食べられるのが特徴です。

This curry is different from other curries and it is made by stir-fried crab with curry sauce and putting a beaten egg with milk before heating it up.
Although it is not widely known in Japan, it is getting in the middle of a boom since boil-in-bag food are sold in a place like a supermarket.
You can use seafood like shrimp and scallop other than crab and vegetables like green pepper, garlic, and green onion to make the taste better.
Coconut milk and pepper which are an essential ingredient for Thai food is used for this curry.
While most Thai food is sour and hot, it is good for people who don’t like hot taste since eggs and crab are used as the ingredient and that makes the taste mild.

ゲーン・パー Kaeng pa

この他にも、タイ料理らしい辛味が味わえ野菜や山菜果てはイノシシの肉なども入っている、ゲーン・パー。

Other than above, Kaeng pa contains vegetables, edible wild plant, and meat of boar, and you can enjoy hot taste which is really Thailand-style.

ゲーン・ソム Kaeng som
タイの調味料のタマリンドに由来する酸味が特徴でカリフラワー、キャベツといった野菜に加え、エビなどの魚介類を入れた酸っぱくて辛い味わいが楽しめます。

You can enjoy sour and hot taste of this curry which comes from Thai seasoning tamarind, and it contains vegetables like cauliflower and cabbage, and seafood like shrimp.

ゲーン・クア Kaeng khua

パイナップルやムール貝といった日本ではあまり見かけない食材を一緒に入れたどちらかと言えば甘さと酸味が目立つゲーン・クア。

Kaeng khua is sweet and sour curry which contains unusual ingredients we don’t often find in Japan like pineapple and mussel.

ゲーン・テーポー Kaeng tai po
ゲーン・クアを少しクリーミーにし、野菜が豊富な料理。

This dish contains a lot of vegetable and it is creamier than Kaeng khua.

ゲーン・タイプラー Kaeng tai pla

魚を具材のメインに据えた物としては、魚の内臓発酵汁入りのゲーン・タイプラーは激辛の料理。
具材にアジ、たけのこ、いんげん、ナスなどの具材が入っており、良くも悪くも独特な匂いが特徴で、かなりマニア好みの料理です。

Kaeng tai pla is extremely hot curry which contains salty sauce made from fermented fish entrails.
As ingredients it contains horse mackerel, bamboo shoot, kidney bean and eggplant.
For better or worse it has unique and unusual smell, and only a curry buff would love this curry.

ゲーン・ルアン Kaeng lueng

カミンが入ったゲーン・ルアンは酸っぱくて辛いタイ南部発祥の料理で、雷魚などの白身魚を入れる物で非常に白身魚と相性が良い料理です。

Kaeng lueng is sour and hot curry which is originally from southern Thailand.
It contains cumin and it goes well with whitefish like snakehead fish.

まとめ

このように、タイには日本人には馴染みのないカレー料理が数多く存在しますが、メジャーな物は日本のタイ料理店などで食べる事が出来ますし、スーパーなどでレトルトタイプの物も多く販売されているので、そちらを食べてみるのもお手軽にタイ料理の魅力を堪能出来るでしょう。

As stated above there is a variety of Thai curry which is not familiar to Japanese people.
You can eat major kinds of curry in Thai restaurants in Japan, or you can buy boil-in-bag food in a supermarket to enjoy attractiveness of Thai food.

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ひとみ

ひとみ

組紐始めて13年目。師匠の元で3年間の弟子入り。 その学んだ技術を活かし、作家として活動中。 幸せを感じながら、楽しくお金を稼ぎながら、人に会いにいくそんなユニークな人間です。

-グルメ・フード
-ご飯

Copyright© タイ駐在妻のいっちゃん , 2018 All Rights Reserved.